Monday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

広島ブログ
にほんブログ村 チエの料理記録はこちら

Tuesday 11:28
posted by チエ
映画
comment : 0
trackbacks : 0

映画『ティンカーベル』

1408号室以来映画をみてなかったんですが、
久しぶりに先輩と映画をみにいきました。
『ティンカーベル』です。
ピーターパンも好きだし!見にいかんと!と思って。
絶対かわいいしね!

で、見に行ったらやっぱりすごく可愛かった〜。

妖精ってやっぱりときめきますね。
しかもティンクって意地っ張りでがんばりやさんで
オシャレで無邪気!ほんとにかわいい・・・。

他の妖精達も登場するし、
目にも楽しい!

それにしてもティンクってモノ作りの妖精だったんだね。
話のテーマとしては「自分の仕事(能力)に誇りを持とう」ってことかな。
それでも私はやっぱり水とか操りたいけど!!!!!!!

それで自分が映画見るだいぶ前に妖精作ってたの思いだしたwww
サイトいけば作れますよー。
私がつくった妖精↓



【シェリー ビターリップル】(動物の才能)




【バーバラ ダズルグリマー】(光の才能)




【ララ ファーンメドウ】(植物の才能)


スクリーンはずっとキラキラしてて、
目も心も癒されました。
話としてはまあ普通というか取り立ててスゴイというのはなかったけど、
ドタバタしたり、美しかったり、ハラハラしたりと、楽しめました。

4部作だそうなので、他の三部も大変楽しみです!!!

★★★☆☆

<映画情報>
『ティンカーベル』

世界中で最も愛されている妖精、
ティンカー・ベルの誕生に秘められたドラマを描くCGアニメーション。
『ピーターパン』が公開してから55年。
ネバーランドにある妖精の谷、ピクシー・ホロウでティンカー・ベルが誕生した。
その誰も知らなかったディズニー最大の秘密や、
チャーミングで華やかな妖精たちの世界を映像化。
最新の映像テクノロジーとともに語り明かす、ティンカー・ベル4部作の第1弾に期待が募る。


URL:http://www.disney.co.jp/movies/tinkerbell/

広島ブログ
にほんブログ村 チエの料理記録はこちら

Friday 11:36
posted by チエ
映画
comment : 0
trackbacks : 0

最近見た映画

ひとつひとつじっくりレポろうと思ったけどめんどくさいのでまとめて。
ネタバレなど・・きにしない!
あ。でも「アフタースクール」と「アイゼンハイム」は
観る予定の人いたら読まないほうがいいと思う。

「奇跡のシンフォニー」★★★☆☆
 日本版タイトルはイマイチだと思った。
 施設時代の草原の中で指揮するエヴァンの画はすごく素敵。
 だけど街の音が音楽に聞こえる、というのは少しありきたりだった。
 エヴァンの型破りな演奏がすごく印象的で、
 劇中流れる音楽をすごく楽しむことができました。
 あの場所でアコギに出会って、驚きながらも夢中でたたいて出す音楽がかっこよかった!
 両親の恋愛にもときめいたなー。
 エヴァンのとにかくひたむきで人も自分も音楽も信じることができる性格がよかったですね。
 音楽をやる幸せな顔がとってもかわいかったです。
 フレディ・ハイモアはじめ、キャスティングが完璧でした!
 特にすきなのは、そうとは知らず父子でギターを弾くシーン。
 ラストまではすごく好みで楽しかったのですが、
 ハッピーエンドとはいえこの手の流れで後日談がないのはすっごく残念。
 実は主役は両親だったとか・・・。(笑)
 でも素敵な映画だったので見られてよかったです。

「クライマーズハイ」★★★☆☆
 これは期待してたより面白かった。
 日航機墜落にもっとスポットがあたっているかと思っていたのですが、
 ちゃんと新聞社の映画でした。
 すごく重みのある映画なのはもちろん
 映画だからこその情景の美しさや迫力も画面いっぱいに押し出して
 そのメリハリがすばらしかった。
 地方新聞社の役目、葛藤と、
 その中でも立場の違いによる苦しみがすごく伝わってきました。
 私の贔屓目もあるとは思いますが堺さんの難しい立ち位置が
 どうしてここまで描けるのか不思議。
 一番印象的だったのは現場へ行き、惨状を目の当たりにした若手報道部員の神沢。
 この人の運命は残酷だった。
 神沢は「俺達しか見ていない惨劇」「見てないやつらにはわからない」と異常な眼光で
 悠木に食って掛かるんですが、そんな神沢への 
 「お前を調子付かせるために五百二十人死んだんじゃないんだ」
 という台詞には衝撃を受けました。
 そしてその後、車に撥ねられ、ある意味の自殺をとげてしまいます。
 原作を読んでいないのですが、どうやら原作では死なないそうですね。
 映画で神沢を事故死させたのはまだ悠木の下の世代たちへの引継ぎまで描けなかったからかなーと思います。
 その土台までは出来たけど。
 クライマーズハイというタイトルどおり、登山はもちろんのこと、
 新聞社の日航事故後の騒動で見てるこっちまでクライマーズハイのような高揚感を覚えます。
 だけどまた、悠木がハッとクライマーズハイから抜けるように、
 作中突然突き放されてしまったのが、物語を描くだけじゃない、
 エンターテイメントなんだと感じました。

「アフタースクール」★★★★☆
 痛快でした。
 いや、なんていうか、蔵之介さんがかわいそう。
 ある意味蔵之介さん=私たちなのかなーと思いました。
 これはだまされるわー。
 いろいろ考えてしまう私たちの思考回路を逆手にとった
 二段階三段階の罠に見事にひっかかりました。
 ああーもう一度みたい、と思わざるをえない映画です。
 こちらでも堺雅人さんがいい味をだしていて、
 最後のネタバレゾーンのエレベーターがもうおかしくて笑ってしまいました。
 すきだなー。
 練りに練ってある印象の映画ですが、
 そういう全力でだまそうとしてくるの、大好きです。
 映画好きな人ほどだまされるんじゃないかしら??

「幻影師アイゼンハイム」★★★★☆
 これもやられたああああああ
 アフタースクールでしっかり罠にひっかかったのに。
 これもほぼラストまでしっかりだまされました。
 最初は映像美というか雰囲気がすっごく素敵で心惹かれました。
 ただ画面切り替えの仕方が稚拙なんですが
 あれはあれで効果をねらったのかな?ちょっといやだった。
 「プレステージ」の恋愛多め版かなーと思ってたけど、
 あれよりは落ち着いて観られるかんじ。
 それが間違いなんだけど・・。
 主人公アイゼンハイムは地味で暗いのにどうにもカリスマを感じてしまう絶妙な演技でした。
 あまり種明かしや仕組みをかんがえず、
 劇中の観客と一緒にアイゼンハイムの奇術をこえた奇術に魅入るのが良い見方かなーと思いました。
 皇太子を警部が追い詰めるシーンでやっと違和感が・・・。
 まさか皇太子を不憫に思うときがこようとは思わなかったです。
 まさに幻影師。ラストの演目にはただただ驚くばかりでした。
 だいたい子供時代のシーンをデジャヴを起こさせるシーンをもってくるところで脳が確実にだまされるわ。
 「ああ、結局あのときと同じように・・」みたいな。
 これもまた観たいです。くそー!好みの映画でした・・。
広島ブログ
にほんブログ村 チエの料理記録はこちら

Thursday 11:26
posted by チエ
映画
comment : 0
trackbacks : 0

【映画(DVD)】Laundry

Laundry [ランドリー]
Laundry [ランドリー]

ネタバレ気にせず感想です。
ずっとコインランドリーの中の話なのかと思ってたけど、
舞台が思ったより大きくてびっくりしました。
幼い頃脳に障害を負った青年テルを窪塚洋介くんが好演しています。

テルは頭と脳に傷を負っていて、
水絵も心に傷を負っていて、
その二人と、二人に関わる人たちの、
静かで優しくて、綺麗な映画でした。

洗濯しすぎてボロボロになった水絵のワンピースを
テルが拙く繕って持ってくるくだり。
自分を変えたくて、でも変われない、
昔の自分を置いてきたつもりの、
水絵のボロボロの心を、
不器用で気が効かなくて、でも優しいテルが拙く繕っていく、
そんな様子が現れているようで、思いだすとジンとしちゃいますね。

サリーさんも素晴らしかったですね。
今で言う、ツンデレ。
俺は優しくなんかない、ただおまえらが気に入っただけだ。
それだけでワケアリの二人と暮らすわけないじゃない。
仕事を教えて、家も車も二人にあげて旅立つサリーさんの格好よさと優しさは異常。

飛ぶハト、響く口笛、赤い旗、テルの言葉、BGM、
視覚で聴覚で伝わってくるあの独特の世界観にやられました。

筋としては、読めないこともないけれど、
じっくりと描かれてるから胸にくる。
特に水絵見てたら苦しくなるというか、悲しくなるというか。
テルはね、癒される。
不安になるくらい儚い人に見えるんだけど、
人から聞いた言葉もテルが言うと真理に聞こえるんだよね。

「愛だよ。こういうのを、地球じゃ愛っていうんだ。宇宙は知らないけどね」

コインランドリーの世界と、外の世界と、
テルには大して違いがなかったんじゃないかなーと思う。
大きさだけで。

水絵だって、東京と故郷、どっちだってよかったんだよほんとは。
東京がわるかったんじゃないし、故郷が良いということもない。
自分を変える必要もないし。
そのものの水絵、葛藤してる水絵と一緒にいたいとテルは思ったんだしね。

ムリに変わらなくても大丈夫、ていうか変わるってなにが?
ていう、映画の雰囲気からはつながりそうにないあっけらかんとした癒しがあったような気がしてます。

ほんとに上手だなー、つくりかた、見せ方が。
画面にでてこない要素を観客にいつのまにか想像させてる、
静かな雰囲気に、コミカルだったり大げさだったりする効果がうまいぐあいに覆われて、世界観が壊れない。

ラストシーンなんて、感動しかすることがなかったわー。

「想像して」

また見たいと思います。

★★★☆☆

映画情報はこちら[Yahoo!映画-Laundryランドリー]
広島ブログ
にほんブログ村 チエの料理記録はこちら

Monday 20:51
posted by チエ
映画
comment : 0
trackbacks : 0

映画【バタフライエフェクト2】

SA391969.jpg
評価ボロクソだから期待せずに見ました

やっぱバタフライエフェクトとは別物かな
あーはいはい、みたいな見方しかできなかった

人物の描写と設定が異様に弱い。
バタフライエフェクトの基幹を適当に捉えてる感じがしました

過去にもどるときの再構成がない。
友人や彼女の為に、という思いが薄っぺらく自己満足で後味が悪い
結局彼女が救われてない。
エロさとバイオレンスに頼りすぎ

バタフライエフェクトと冠してなければ、
バタフライエフェクトという前作がなければ、
こんなにも酷評にはならなかったかな

私もソコソコ面白く見たんだけど
いざ感想書こうとしたら酷評になっちゃった
それだけ前作が好きだということかな

また見たくなったもん
バタフライエフェクト。

あの設定で続編って、同じ監督でも難しかったんじゃないかしら
分岐点が神がかってるし。
おもしろかったなぁ

というわけで2は
☆☆☆☆☆

近々先輩とマイブルーベリーナイツみてきまっす!
広島ブログ
にほんブログ村 チエの料理記録はこちら

Thursday 15:42
posted by チエ
映画
comment : 0
trackbacks : 0

ジャンパー

昨日はレディースデーだったので
くるぶしくんと映画にいってきました。
ジャンパー!
何一つ解決しないまま終わって噴いたwww
続編があるなら納得しようかな。とおもうような。
主人公勝手だしww彼女も敵ももうwww
画面もすごく動いててめまぐるしかったです。

ちょっと気持ち良かったけど。

最近は一人で映画みることおおかったから、
久々に映画についてご飯たべながら語った。
いいねーこーいうのも。

どうでもいいけど香港厨房の麻婆豆腐はしょっぱい。
知ってたけどしょっぱい。
おいしいけど。
もうすこし塩分控えめならもっとおいしいのに。
広島ブログ
にほんブログ村 チエの料理記録はこちら

Wednesday 22:07
posted by チエ
映画
comment : 0
trackbacks : 0

ピューと吹く!ジャガー

期待せずにいったから助かった
あるいみ良かったというか、
要さんと学くん素晴らしかったよ
あと板尾さんがでてたのとか、
有吉の演技力のスゴさにビックリした
あのキャラはまりだなぁ

最後のダンスは良かったけど(笑)
全部通してもっとほのぼのして欲しかったなぁ

そぉい!を挟むとか、ピヨとハマーの確執とか、いろいろ見たかったなぁ
原作好きには残念だったけど、
キャスだけでも神で良かったと思うしかないよね


★☆☆☆☆
広島ブログ
にほんブログ村 チエの料理記録はこちら

Wednesday 16:01
posted by チエ
映画
comment : 0
trackbacks : 0

映画「ヒートアイランド」

SA390984.jpg
見てきました
感想はまた。

結構面白かった
広島ブログ
にほんブログ村 チエの料理記録はこちら

Wednesday 15:21
posted by チエ
映画
comment : 0
trackbacks : 0

Sunday 00:35
posted by チエ
映画
comment : 2
trackbacks : 0

映画【めがね】

SA390698.jpg

金曜日、レディースデーに見に行きました。
先輩と仕事帰りに。

期待しないように、気をつけてました。
自己満足だったり二番煎じだったりしたらどうしようって。

そんなものは杞憂だったなぁ。

ほかにはないようで、
もとめられてることもわかってる映画だったように思います。

こういう映画、今の女性ですごく共感できて癒される人いっぱいいそうだもん。
ただぼーっと見ただけで満足できるような。
実際ボーっと見てるだけで幸せだったしね・・・。

びっくりした。
自分がこんなにも「たそがれ」だとか「自由」だとかにこころ動かされるとは。

あの島にいきたいなぁ。

気持ちのいい朝に、
体操して、
おいしい朝ごはんを食べて、
たそがれて、
おいしい晩御飯を食べて・・・。

まあ数日でいいんだけど。

島にも、映画にも、
余計なものは一切ないんだけど、
あまりに何もないので逆に個性的ですよねー。
こんな映画が人気ある時代っていうのは、
ある意味ないものねだりというか幸せな時代なのかなぁ。

主人公やそれをとりまく人々のバックグラウンドが一切ないままおわっちゃうのは、
意味がないような気もしたけど。
徹底してあの島をたそがれ空間として確立したかったんだろうなぁ。

もっと自由を押し付けてる感じなのかな?と疑ってたけど
そうでもなかった。
そこがうれしかった。
こんなんもいいでしょ?っていう提案みたい。

一番すきなのは、
「さくらさんの自転車のうしろにのったくせに」
「えー?先生のったんですか!?僕ものりたい!」
といったようなやりとりの後に主人公がニヤリ、としたところ。
かわいくて思わずほほえんだなぁ。
ああいうやさしい微笑みを久々にしたような(笑)

見てよかったです。

★★☆☆☆
(2.5くらいの2つ星・・・。)
広島ブログ
にほんブログ村 チエの料理記録はこちら

Tuesday 09:45
posted by チエ
映画
comment : 0
trackbacks : 0

映画【包帯クラブ】

SA390596.jpg
見てきました
感想。

綺麗にまとまってた印象です。
柳楽くんの関西弁が一番楽しみでしたが、石原さとみちゃんの方にときめいた
演技が上手いというか、上手い風の演技というか…

柳楽くんは破天荒な感じが良く出てた!
あの変な笑い方が良いよね

話の筋はあんなもんかなぁ
綺麗で青春で、おもしろかった
ただ性的虐待を受けたらしいあの男子が酔うとオカマキャラになったのが引っ掛かる
原作もなのかな?
よんでないからわかんないけど…

包帯を巻くっていう活動はすごく新鮮だし、包帯って白くて綺麗だから画も良かったなー
包帯クラブの作中のサイトも良かったし、そこが荒らされるっていうのがリアルで良かった
荒らされ方がね!

最後は名脇役が持っていったなぁ
かっこよすぎ

あの夜ワラに送られたシヤメもキザだけど輝いてましたね!はは!

それにしてもワラちゃんの変化は結構急激だからちょっと残念だったかな

最近の邦画はレベル高いし画も綺麗だからいいね
結構満足でした
じわっと。

★★★☆☆
広島ブログ
にほんブログ村 チエの料理記録はこちら

Twitter